2018年04月07日

次はインド

楽天証券から送られてきた投信基準価額メールを見たら、ベトナムよりもインドの方が上がっていました。全体的に上がっていましたが、率的にインドが一番でした。

ファンドの売れ行き的にはまだベトナムの方の勢いがあったので、まだベトナムは買えないので、次からはインドの方を買います。

流れに乗るやり方は自分の性に這わないけど、為替相場でいろいろ痛い目にあってきたから、気が乗らなくてもインドの方を買っていきます。

当選いきなり失速する場合もありますが、そこは長期投資、長い目で見て経済成長率が高い国の株を買っておけば必然的に儲かることになります。

あと気になっているの中国関連で、こちらはハイイールド債の方がプラスになれば資金を振り分けて買っていこうと思います。

posted by 南 歳三 at 18:04| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

今回の買い付け

円安になる前にと無理やり資金を捻出して投資信託の買い付けを行います。今回の買い付けですが特にテーマが無かったので選ぶのが難航、株式の方を買いたいけどマイナス幅の大きいのを買いたいと考えて、マネックス証券はフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)しか買っていないからこれだけですが、楽天証券はJPM米国高利回り社債ファンドとハリス世界株ファンド(毎月決算型)になりました。

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)も検討したけど、これがトータルリターンがまだプラスだったから、今回は見送りました。トータルリターンがプラスと意外と結果が良くて驚きです。

国内リートもマネックス証券の方で買い付けていたのはプラスだったので、今回は解約します。生活防衛資金として保有していましたが、個別株に切り替えるために解約します。

ただいま楽天証券で買い注文を出したら、サーバーエラーと出て注文を出せなかったので、後日また買い注文を出します。




posted by 南 歳三 at 15:01| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ベトナムの買いを一旦止めます

楽天証券から送られる投信基準価額メールを見てびっくり!!!ベトナム成長株インカムファンドが前週比でプラスとなっています。他が悲惨な状態なのにベトナムが相変わらず好調です。

この好調なベトナム成長株インカムファンドですが、買いを一旦止めます。理由ですが楽天証券の投資信託の買い付けランキングが8位と順位が一桁台にまで上がっています。だいぶ過熱感が出てきているので、しばらく熱が下がるまで買いを控えることにしました。

ここから下がると予測できたわけではなく、長期投資なら上昇余地がある方を選びたいので、大きく下げている方を買います。NISAだから解約しづらくて短期視点での投資をする気が無く、時間がかかってもいいから上昇余地のある方を選びたいと思っています。

世界分散は、こういう風にベトナムという当たりを引けるメリットがあるけど、時価加重平均は効果を大きく減少させるから、個人がやるならば均等分散で投資をすべき。それでも値上がりする銘柄に集中する方法には負けるので、投資の実力がある人は集中で稼ぐといいでしょう。自分もインドは放置で増やさずにベトナムに集中して結果を出せております。
posted by 南 歳三 at 16:35| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

平均取得単価を引き下げる買い

資金が出来たので投資信託の買い増し。

問題は何を買うかですが、分配金を特別分配で受け取りたくないから平均取得単価を引き下げて早くプラスになるように買いを入れることにしました。それで評価額がマイナスの毎月分配型を選択で、その中からJPM米国高利回り社債ファンドを選択しました。

毎月分配型で大きく稼ぐ気はなく毎月分配金の分だけプラスになっていればいいと思っております。毎月分配型の買い方としては今回みたいに評価額がマイナスの時だけ買い増して、プラスの時は分配金を受け取るだけにするのが良いと思います。買い増しは他の毎月分配型のファンドを買って、リスク分散をするだけです。今回は円高だから外貨建ての方を買っていますが、円安時は国内リートの方を買って為替リスクを抑えています。

一応お約束通りベトナム成長株インカムファンドの方も買い増しします。こちらは評価額がプラスなので逆に平均取得単価が上がるけど、買うといった以上買わないといけないので買っておきます。



posted by 南 歳三 at 14:20| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ベトナムが引き続き好調です

ベトナムが相変わらず買われていて、マイポートフォリオは利益率ではベトナム成長株インカムファンドがトップです。投資に関してはスプールアンスみたいに堅実だから、こういう時には裏目になりました。

太平洋戦争のマリアナ沖海戦なんかスプールアンスが指揮を執るから、小沢には最初から勝ち目がないわけで、もうひどい結果になりました。戦闘機を全機直掩機に回すスプールアンス相手に爆装零戦って戦闘機を攻撃に回すなってしかも爆撃の訓練だけして、戦闘機の訓練をしていなかったというお粗末さ。

ちなみにスプールアンスは、退却する日本艦隊を追撃しないで堅実にマリアナ沖に留めるから、攻撃隊は第1次しか発進できなくて、しかも攻撃隊の帰還が夜になって燃料不足で着艦できなくて海に不時着になった飛行機が100機以上とその後の軍事研究でスプールアンスは消極的と叩かれまくりでした。

スプールアンスみたいに堅実過ぎるのも問題ということで、今からでも資金が出来次第ベトナムの方を買うようにしていきます。

posted by 南 歳三 at 20:06| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

ベトナムが上がっていました

株式型の買い増しの件ですが、鉄道とハリス世界株を半々で買いました。ディフェンシブとバリューと下落相場に合わせてプロ的な銘柄選択ですが・・・・・・・・・・・

ベトナムの方が上がっていました。

このタイミングで新興国は買いづらくてベトナムの値上がりは想定外ですが、一応予め仕込んだのが含み益になってるから、チャンスはモノにしています。

問題はこれからベトナムに切り替えるかですが、資金ができたころにはすでに値上がりしていて、他の方が良い感じになっていそうで悩むところです。

最終的にべトマムの値上がりは他の投資先を上回ると思っているから、ベトナムに切り替えてもいいと思えますが、あくまでも個人的な感想ですから、基本に忠実でしばらくハリス世界株を買っていきます。
posted by 南 歳三 at 17:35| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

ドル建て資産を強化します

FXで稼げたので、FXの口座から出金してドル建て資産の買い増しをします。対象として米ハイイールド債のファンドを中心に株式型も少しという感じです。

マネックスでフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)の買い増しをします。せっかく円安になってもまた今回みたいに円高になるかもしれませんから、ヘッジありにスイッチングできるのはありがたく、ひそかに重宝しています。

株ならバイアンドホールドは有効かもしれないけど。為替はとても有効とは言えないので、株式型でもスイッチングできるものを買っていこうかと考えております。ただ円高になる場合はリスクオフということで株そのものも下がるから、スイッチングするよりも解約して現金化した方がいいように思えて、それなら毎月分配型で少しずつ解約しながら為替リスクを回避ということで株式型はスイッチングは検討しないです。

posted by 南 歳三 at 20:31| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買い増し

今回の下げの時に肝心の資金が無くて、黙って見ているところが楽天ポイントが少しあったので、買い物しないでポイントで投資信託を買うことにしました。

それで今回はバリュー株ということでハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買い増しします。

毎度のごとく新興国不要論が出るくらい先進国が先に買われるから、今回はベトナムではなくハリス世界株ファンド(毎月決算型)の方を買います。といっても上昇力で最終的に新興国が勝つから、最初からベトナムの方を買うべきなんだけど、少額だしバランスも考えてハリス世界株ファンド(毎月決算型)にします。



posted by 南 歳三 at 23:01| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ベトナムをさらに買い増ししました




世界的に株価が急落していたので、ベトナムへの投資を増やしました。他も買い増ししたかったけど弾切れで終了です。

株価下げの対処の仕方ですが、下がる前に利確しておくしか方法がなく、自分は自動的に毎月分配で利確しておりました。個人的には株価下げよりも買うための資金が不足しておる方が問題で、そっちの対処の方が大事です。

次は何が上がるかと聞かれればわからないと答えるしかなく、順番的に先進国から上がりそうだから、次から新興国への投資は控えようと思う。

posted by 南 歳三 at 17:24| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の普通分配が継続中

ほとんど話題にしていなかった米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)ですが、7月と9月を除いて普通分配継続中です。7月と9月は普通分配と特別分配の両方なだけで、全額特別分配にはなっていません。

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)に触れなかった理由ですが、損をしているからではなく、資金ができて買い増ししようと思ったら、儲かっているから買いを見送ってしまい、触れる理由がなかったからです。

毎月分配型は損をする商品と批判されがちですが、購入して実際に儲かっている立場から見れば、批判は間違っているし、批判者にはもうちょっと調べてから言えといいたい。

しかし高分配には自分も批判的で、米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の収益(インカムゲイン)が1万口当たり16円なのに100円も分配金を出すのは出し過ぎだと思える。ただ収益を上回る部分は投資元本を回収しているだけで、回収分を他のファンドの投資をして運用しているから、自分的には資産の取り崩しではなくリバランスになっています。

購入額が少ないのでいい加減買い増ししたいので、資金が出来次第買い増しします。



posted by 南 歳三 at 19:16| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする