2017年09月17日

国内リートがまだ死んでいる

不動産投資の記事を書くのに不動産投資をしていないのはおかしいと、国内リートの投資信託の積立を始めました。最近不動産投資の記事を書いていないし、不動産投資から撤収しようと思って保有する国内リートの投資信託をチェックしたら、まだマイナスのままでした。

基準価額がマイナスなだけで、ファンドはちゃんと運用収益を出しています。だから保有するには問題ないけど、換金する時にマイナスは問題なので、それで困っています。利回り的に問題ないけど、換金でマイナスじゃ意味ないし、せめてプラマイナスセロまで持っていって欲しいところです。

来月から資金的に余裕ができるから、買い増しで平均取得単価を下げてプラスに持ち込むか、見捨てて放置か悩むところです。余裕と言っても他も買いたいから、見捨てて放置になりそうです。

posted by 南 歳三 at 21:45| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

通貨選択型が売れていてよかった

モーニングスターのアナリストの視点に「債券型ファンドの資金流入状況から見る、通貨選択型の実情とは」とのタイトルのレポートがあって、タイトルから通貨選択型が駄目そうに感じたけど、実際は山崎のおっさんが切れそうなくらい売れていました。

通貨選択型の解説記事を書いた立場として、通貨選択型に興味を持ってもらわないと困るわけで、興味を持ってくれる人が多く居てありがたいです。

金融庁の嫌がらせで通貨選択型の新規設定が難しくなったけど、自分自身が投資したくなるのが設定されれば、また投資をしたいと思います。

ただ今アクティブVSパッシブ論争に終止符という記事を書いていまして、ネタバレというか結論ですが、その時その時で勝ち負けが違うのだから、議論の意味が無いということです。
posted by 南 歳三 at 22:28| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

プチ分配金生活って言葉を広めてみようかと

今回投資信託のフリーラィティングのお仕事で、分配金生活のことを書いていまして、プチ分配金生活という方法を考えました。内容ですが、ネタ晴らしはさすがにできないのでここに書けません。考え方として生活費の一部を分配金で補填するという考えで、収入があれば資産形成をする必要が無いという考えで成り立っています。

個人的には毎月分配型よりもFXのスワップやソーシャルレンディングの方をお勧めしたいので、毎月分配型ではお勧めしません。ただ用語を自分が最初に使ったということを記録として残して置くためにこのブログ記事を書いています。ちなみに商業登録しませんから、使いたい人はどうぞご自由に使ってください。

posted by 南 歳三 at 14:52| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)を無理やり買います

資金的に余裕が無くて投資は見送る予定でしたが、今の為替レートで投資をしないと歩く死人なので、残金で無理やりハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買います。楽天スーパーポイントまで動員しました。

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)にしたのは、毎月分配型だからではなく、相変わらずトータルリターン上位にいるから、買わないのはおかしいと思い買い注文を出しました。

100円ずつ分散して他の保有ファンドも買い増しという手もありますが、そこまでするメリットがポイントを貰えたとしても無く、そうまで分散する必要も無いから、普通にハリスだけにしました。

アクティブファンドに投資をするのは、インデックスに勝つためでして、インデックスに勝つことを放棄なら、ただインデックスファンドを買って、価値のない記事しか書けないのだから、ブログ自体もやめるべきです。やどかりおばはんみたいにライティングのお仕事が無いからと詐欺レベルのことをやるとか、インデックス投資をするときは人生が終わる時だと思います。

ちなみに自分は投資の内容で継続依頼を3本抱えていて、日曜も大変な状態です。
posted by 南 歳三 at 02:07| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

分配原資の内訳の確認をしてみました

毎月分配型ですが、基準価額の都合で分配金が元本払い戻しになる場合があります。儲かった分を分配していると言っても、タコ足だと批判されたりしますので、実際どうなのか確認してみました。

保有するJPM米国高利回り社債ファンドの運用報告書の6ページ目に分配原資のことが記載されていまして、分配金は全額当期の収益でした。他の期も他の期の収益の範囲内で分配が行われています。翌期繰越分配対象額も着実に増加していますから、ファンドの安定性も高く、金の生る木となっています。

マネックス証券で保有しているフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープンポートフォリオA(為替ヘッジなし)ですが、マネックス証券では運用報告書が見れなかったので、楽天証券で確認しました。運用報告書の7ページ目に記載されていて、分配金は投機の収益以外も含まれていてこっちはタコ足でした。このファンドは分配金目当てで買っていなくて、分配金は再投資ですからタコ足でも関係ないです。翌期繰越分配対象額も減少していますが、分配分を加えればプラスで推移しています。

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)は運用報告書の6ページ目で見れます。こちらはさすがに分配金を出し過ぎてタコ足です。しかし翌期繰越分配対象額 は分配金を加えればプラスなので、こちらも問題ないです。同じく分配金目当てじゃないので、タコ足でも問題ないです。

一応JPM米国高利回り社債ファンドが分配金が収益の範囲内で良かったです。これまでタコ足だったらいい笑い者です。ちなみに毎月分配型だから買っているわけでは無く、買いたい投資先に投資するファンドが毎月分配型しかないわけで、仕方なくそうなっただけです。

posted by 南 歳三 at 16:14| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

買い付け110円台だった

為替が円安になってきたので、フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)がプラスになったと期待して確認したら、まだちょっとマイナスでした。購入時の為替レートを忘れていたので、約定日から調べてみたら110円台で為替差益はまだ無いタイミングでした。

さすがに今の段階ではヘッジありにはスイッチングしないので問題ないけど、為替差益が無いのが悲しい。あの後買い増しできなかったのが残念。

今も買い増しする余裕が無いので、円安が進むまで見ているだけですが、円安がかなり進んだらヘッジ有りにスイッチします。

posted by 南 歳三 at 14:56| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

松井証券に通貨選択型投資信託やカバードコール型投資信託を扱わせてみたい

ライティングのお仕事で通貨選択型とカバードコール型の解説記事を書きました。ズボラ投資の人みたいな幼稚なことを書かないで、初心者にわかりやすく詳しい内容で書きました。何故か松井証券はこの二つを取り扱わないそうです。

松井証券にこの二つを取り扱わせて、松井証券は口だけで信用できないというイメージを広めていきたいなあと思います。

デリバティブにもリスク回避のデリバティブや効果的に運用をする為のデリバティブがあって、デリバティブが必ず悪い運用方法ではないです。悪いのは投機的に運用する本人です。

デリバティブが駄目なら、先物取引をしているインデックスファンドも駄目だろと松井証券に抗議のメールを送ろうか思ったけど、説明にはわかりずらいと書いてあったので、送ったらこちらが恥ずかしい思いをするのでやめました。

posted by 南 歳三 at 18:51| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

収入を増やすための投資

松井証券が毎月分配型を出口戦略用と宣伝していましたが、別に出口戦略で無く若い人向けにも使えます。若い人向けのコンセプトとして「収入を増やすための投資」として毎月分配型を活用です。

収入が少ないと生活が苦しいし、資産形成も難しいとあれば、まず資産形成よりも収入を増やすことが大事でして、良い副業があればいいけど、無いなら投資で収入を増やすだけです。

とこれはただのセールストークで、投資の専門家なら投資は必ず儲かるとは限らないと考えて、投資で収入を増やすというプランは提案などしません。だから投資で収入を増やすことは可能と言っておきます。

一応基準価額を気にせずにインカムゲインだけを受け取るで、収入を増やすための投資はできます。高分配投信でも分配金だけで元本を回収した実例もあって、元本さえ回収してしまえば、分配金は収入とみなせるから、毎月分配型を収入を増やすための投資として購入するのもありです。

若い人は資産形成が大事という意見もありますが、収入があれば資産を無理に形成する必要がないわけで、資産形成も並行で投資していけばいいのじゃないかと。

個人的には、副業の方が収入不足に最も効果的だと思っているので、収入を増やしたいなら副業を頑張ることだと言っておきます。
posted by 南 歳三 at 16:34| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)が買い付け手数料無料になります

楽天証券のお知らせでハリス世界株ファンド(毎月決算型)の買い付け手数料が無料になることが発表されました。

前にこのファンドを紹介した時にノーロードじゃないから買えないと言っていましたが、ノーロードになったから、買えるようになりました。ただ資金が無いから買えませんが。

気持ち的には、ポートフォリオゴミ屋敷計画でこのファンドも買いたいけど、世界の株式に投資をする意味が思いつかなくて、資金があっても買いたいという気持ちが出てこないです。運用成績が良いからお勧めなことには変わりが無いですが。

経済がグローバルなら世界経済の成長を見込む気になりますが、個人的にはブロック経済のままの感じがして、世界分散は意味が無いように思えます。グローバルならアメリカと日本の株価がこんなにも差が付かなかったと思えるので、投資は世界分散よりも国別にした方が効率が良いように感じます。

無難に運用するならばハリス世界株ファンド(毎月決算型)でもいいと思うので、相場動向がよくわからない人はハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買うといいでしょう。
posted by 南 歳三 at 14:55| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

引き続き何も買えない

株価と為替が下がったから、投資チャンスと言いたいところですが、私生活のアクシデントで資金が必要で、結局投資ができなくなりました。

普段の稼ぎが良ければ問題ないのですが、稼ぎが悪いから金策に走らなければならない状態です。

自分もVALUで資金調達をしたいけど、フェイスブックとかツイッターのフォロワーとか条件を満たしていないから、利用できません。ちなみにVALUによる資金調達は否定していません。今話題の優待出すからと高値で買い煽り、売り抜いてとインサイダーもあって話題になっていますが、これは被害者は自業自得でしょう。どんな優待が出るか見極めてから買えばいいのに発表を信じて買うとか、馬鹿としか言いようが無いです。

株式みたいな形で資金を調達したいけど、それは残念ながら無理なので、これからも頑張って副業で稼いでいきます。FXのトレードもまたレベルが上がったので、こちらも頑張っていきます。

posted by 南 歳三 at 12:55| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする