2017年01月02日

三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド に積立を切り替えました

楽天証券でのハイイールド債の積立は、JPM米国高利回り社債ファンドだったけど、今年から三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンドに切り替えました。理由は人民元が売られているから、長期的に人民元の上昇を待っての買い付けを行う為です。

切り替えじゃなくて追加設定すればいのだけど、稼ぎが足りなくて切り替えとなりました。

今確認したら人民元の方が圧倒的に金利が高かったから、金利差という収益もゲットできます。この金利差なら人民元が上昇してもずっと持ち続けてもいい感じです。

通貨選択型はリスクが高いと批判されがちですが、タイミング次第ですから、タイミングさえ合えば実においしい商品です。為替動向がわからない人は、通貨選択型だけでなく普通に外貨建て資産への投資を避けて、欲張らずに国内リートの方を買って分配金を受け取りましょう。また円高が来ますから、その時に為替動向を気にせずに買えばいいです。

posted by 南 歳三 at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年はイギリスのEU離脱、トランプ次期大統領の決定で、
世界は揺れましたね(^_^;)
今年はどうなるでしょうか?
応援しておきました。ポチッ
Posted by 矢田@医療職兼業トレーダー at 2017年01月02日 23:02


>矢田@医療職兼業トレーダーさん
>
>昨年はイギリスのEU離脱、トランプ次期大統領の決定で、
>世界は揺れましたね(^_^;)
>今年はどうなるでしょうか?
>応援しておきました。ポチッ

応援ありがとうございます。世界はどうなるかは今の段階では見当もつかないです。トレードを頑張ってください。自分も頑張ります。
Posted by 南 歳三 at 2017年01月03日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック