2017年02月26日

ソーシャルレンディングも始めます

ソーシャルレンディングのライティングのお仕事を受注したから、もう内職を探す必要もする暇も無くなりました。しかも報酬を運用と考えたら、将来がさらに明るくなってきました。ただソーシャルレンディングのことを書くにあたって、ソーシャルレンディングをそろそろ体験しておく必要があって、ソーシャルレンディングでの投資も始めます。

ソーシャルレンディング自体は悪くはないけど、個人的にはリターンが低いから、積極的に投資をする気はなく、最低投資金額での投資になります。無担保のソフトバンクの社債より担保付きのソーシャルレンディングの融資の方が良く思えますが、利回り的に国内リートでも買っていた方がいいように思えます。

ただ短期ならソーシャルレンディングの方とか、資金用途で運用方法の良し悪しが決まるから、良い悪いは人それぞれということで、ソーシャルレンディングを始めたい人は始めればいいのじゃないかと思っています。


posted by 南 歳三 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

投資スタンスは変わらず

為替が円高に振れていますが、動かず投資スタンスはそのままです。実は動かずではなく動けないだけですが。

積立中のi−mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)をヘッジなしにスイッチングをしてもいいレベルですが、慌ててスイッチするほど残高が無いから、まだ様子見です。

他のファンドも変更するほどではないのでこのまま継続です。

投資信託に関しては、しばらく退屈な日が続きそうです。






posted by 南 歳三 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

人民元建て債券ファンドの積立を開始します

三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンドが満期で償還になるので、前回お話ししたように人民元建て債券ファンドの積立を開始します。

人民元が買われるかはわかりませんが、買われだしたら儲かるように今から積立を行います。値下がりしても問題ないです。金利を受け取りながら、じっくり利確のチャンスを待てばいいのだから。

金利を受け取りながら利確のチャンスを待てるから、債券投資が好きなんですけど、株式型の大幅な値上がり益も魅力的ですから、リスク分散もかねて両方買っています。

自分の好みの運用方法に合わせて、投資先から運用手法など選んで投資をすればいいと思っていて、数多くのインデックス投資家のインデック投資に向いていない人が、インデックス投資をしてストレスで精神がやられているのを見ると馬鹿だと思っています。冗談抜きで狂犬病になった犬レベルです。早くインデックス投資を止めて、自分に合った投資をすることをお勧めします。







posted by 南 歳三 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

毎営業日積立はやりたいと思わない

毎営業日積立の良し悪しの話題があったので個人的に見解を述べます。

やりたいと思いません。

チャートを見ている人は理解できますが、チャートには移動平均線というのがあって、毎営業日だと日足の移動平均線で平均値がわかります。投資信託のグラフで、基準価額の移動平均線があれば、平均値より安く買えるタイミングがわかります。タイミングがわかれば、そのタイミングの日に買うから、毎営業日買うよりも効果的に買えるわけで、毎営業日積立をする必要が無いです。だから毎営業日積立をやりたいと思いません。

毎営業日積立をするなら、移動平均線を作成してタイミングを選んで、買い付けをした方がいいのじゃないかということで、スポットで買える金があればそれぐらいの努力をして買えばいい。

posted by 南 歳三 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

人民元への投資先を変更

三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンドが、信託期間が満期で償還というメールが来てびっくりです。

もうこれで積立ができないとなると、新たな人民元の投資先を探す必要があり、探して何とか一つ見つけました。それは「人民元建て債券ファンド」です。ハイイールド債ではなく新興国債券で格付けは投資適格です。

中国株式でもよかったけど買えるファンドが無かった。不人気な方がうれしいけど不人気だとファンドが無いという悩みがあって難しいところです。

今月は三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンドを積み立てて来月から変更します。



posted by 南 歳三 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

リバランス効果

i−mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジなし)をヘッジありからスイッチングは、為替でのリバランスでして、リバランス効果が出ています。

こうやってリバランス効果があるから、インデックスファンドを株と債券、リートと分けて保有するなら、バランス型を買った方がいいと言います。

今回スリーダイヤが信託報酬の低い4ファンドを販売しましたが、それぞれ単体で買わずにバランス型で買った方がリバランス効果を非課税で受け取れるのだから、バランス型が出るまで待てばいいでしょう。

実際使ってみてスイッチングはほんと便利です。資金があればですが、i−mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジなし)でもやってみたいと思っています。



posted by 南 歳三 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

貧困でなくても副業をすべき

造花とかシール張りの内職をネットで探したけど見つかりませんでした。ハローワークまで行かないと駄目かもって、ハローワークでも見つかるかどうか。

貧困対策には投資ではなく副業なのは、投資での収益力があまりにも低くて、投資をする為に資金作りから始めなければいけないという状態です。ただ貧困でなくても副業をすべきでして、その理由も投資での収益力が低いからです。

年金の支給開始年齢の繰り延べで、年金がもらえない分資金が必要になるわけで、その分を稼ぐためにも投資資金の増加は必然で、投資用の資金を稼ぐために副業でという感じで、副業が必要になってきます。

しかし副業をしようにもそう簡単にできるものもなく、またやりたくなる稼ぎじゃないから、難しい問題です。
posted by 南 歳三 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

訂正しときました

昨日の記事で計算間違いをしていて、毎月1万円を年5%なら240万円なのに2400万円としていました。今日気付いて早速訂正しておきました。

一応240万円もあれば貧困じゃないし、話の趣旨的には問題ないです。

今日もFXで忙しいので、本格的な記事は週末に書かせていただきます。それでは失礼します。
posted by 南 歳三 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

貧困問題は投資では解決できない

貧困は収入があれば解決するのですが、収入が簡単に増えないから貧困問題が蔓延しています。

投資をすれば貧困から抜け出せると言っている人たちが居ますが、月1万円の収入を増やすのに年5%のリターンでいくら必要か計算できますかと聞いてみたい。インデックスファンドで年5%確実に儲かるって出資法違反ですか(笑)

年5%で月1万円なら240万円必要で、そこまであると貧困じゃないし。月1万円積み立てて20年で240万ですから、20年積み立ててやっと月1万円ってお笑いレベルです。

投資で貧困問題が解決するなら、先に年金問題が解決します。それ位投資の収益力は低いです。

真面目に貧困問題を解決するならFXのトレードか副業を始めるべきです。副業の方が月1万円を稼ぐハードルが低いので、投資より断然希望が持てます。1個5円の造花の内職があったらやりたいくらい。1日100個作って月1万円ぐらいは稼げます。

不労所得を求めて投資信託で投資をする場合も、元手が無いと稼げませんから、今のうちに副業を始めて、副業で元手を作ることです。









posted by 南 歳三 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

為替ヘッジありをヘッジなしに切り替えます

i−mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)ですが、ヘッジなしに切り替えることにして、今スイッチングの注文を入れました。

今から米ドルが上がるかは断定できませんが、もう十分下がったし、まだ下げても新規で買い付けた分をタイミングよくスイッチングすればいいということで、ヘッジありをヘッジなしに切り替えます。

米ドルが下げたから、為替ヘッジありの活用は正解でした。ヘッジコストにこだわって為替ヘッジを利用しないのは本当にもったいないことでして、効果的な機能はコストを払ってでも利用すべきです。

ちなみにi−mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)は2%を上回る含み益だったので、利益率からみて為替ヘッジのコストは気にするほど高くなかったです。

posted by 南 歳三 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする