2021年04月10日

今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コース

このまま株価が上がり続けるのかと思っていましたが、下がってくれたのでやっと買い付けができます。今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースを買い付けます。

ガソリン価格の上昇で、ガソリン価格の上昇に備えてリスクヘッジとして、エネルギー関連に投資したのは大正解でして、ガソリン価格を上回る上昇で、原油価格が上昇した方が儲かると思えるくらいです。ただ利確してしまった後なので、さらに上昇したらと早く買い直したい気分でした。今回下げてきたので、少しずつエネルギー関連を増やしていきます。

長期的に考えれば原油は株より上昇する可能性が高いから、確実性では長期投資をするなら株より原油になります。ただ上昇度では株には勝てないので、ただの一投資対象として買い続けていくだけですが。


原油事情は詳しくないですが、大きく下げるのであればリスクヘッジとしてまた積極的に買い増しします。ただまだ大きく下げないので、来週も投資対象銘柄の中で、週間で一番下げ幅が大きかった銘柄を買い付けます。
posted by 南 歳三 at 20:06| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

今回は見送りに

バブルが崩壊したと思ったけど、引き続きバブルが継続中で、世界的に株価が上昇して購入対象銘柄が全部前週比で上昇したので、今回の買い付けは見送りにしました。

別に急いで買う必要も無いから、下がるのを待ってます。来週は下げても下げ幅が小さければ見送ろうと思いますので、その時は書くことが無いのでブログをお休みにします。

posted by 南 歳三 at 20:12| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

今回はJPM新興国高配当・成長株ファンド(毎月決算型)

日経平均が戻していたので、みんな値上がりしていて今回は見送りかと思いましたが、いろいろな銘柄が週間では下げていたので、今回も注目銘柄で一番値下がりしたものを買い付けます。今回はJPM新興国高配当・成長株ファンド(毎月決算型)です。

今週は新興国が下げていて、ベトナムは3%以上下げています。下げ幅的にベトナムなのですが、毎月分配型優先ということで、今回はJPM新興国高配当・成長株ファンド(毎月決算型)になりました。


今はリスクオンで円安に振れているので、世界的にも株価が上昇するだろうし、次回は安く買える銘柄があるか心配。無ければ無いで、下がるのを待つこととして、じっくり買い付けていきます。
posted by 南 歳三 at 10:48| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コース(ザ・シェール)

中々バブル崩壊が始まらないのですが、購入対象銘柄が下げてきていました。その中でエネルギー関連が一番下げていたので、今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コース(ザ・シェール)を買い付けます。

ガソリン価格上昇のリスクヘッジとして、MLPは原油生産じゃないからさほど期待できないと思っていましたが、原油価格の上昇に十分連動していたので、エネルギー関連はこちらに集中して投資していきます。ただ可能性が低いけど原油生産の方のファンドができたならそちらに切り替えるかもしれません。あまりにも可能性が低いからほぼ無いと言えますが。

今回はエネルギー関連でしたが、次回も一番下げたのを選択しますので、購入銘柄決定はその時に決めます。
posted by 南 歳三 at 14:06| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

今回はアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(米ドルコース)

バブルが破裂したと思いましたが、また持ち直してバブル継続となりました。また株価が上昇して、今回は何位も値下がりしていなくて何も買えないかと思ったら、アムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(米ドルコース)が週間でちょっと下げていました。ユーロ高で下げたみたい。それで今回はアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(米ドルコース)を買い付けます。

ガソリンを入れたら、ガソリン価格が146円とガソリンが前と比べるとかなり値上がりしていました。原油価格上昇でエネルギー関連が値上がりしていたので、ガソリン価格上昇に備えてのリスクヘッジが成功しました。ただ株価はバブルだと思っているので、保有中のGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースと世界シェールガス株ファンドの解約をします。MLPはそう値上がりしないと思っていたら、原油価格の上昇にはシェールガスよりMLPの方がより反映するので、エネルギー関連はもうMLPだけに集中しようかと思います。ちなみにGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースのリターンが16%とこんなに上がるとは思いませんでした。

さすがにもう株価が下げに転じると思うので、引き続き週間で下げ幅が大きかった過去保有分の銘柄を買い直していきます。下げていなかったら、 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型も解約して、バブル崩壊に備えようと思います。

posted by 南 歳三 at 16:46| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

今回はDWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)

バブル崩壊かと思ったら、予想外に株価がしぶとく持ちこたえています。さらにGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースが11%の含み益と、こちらも予想外に投資が成功しています。おかげでエネルギー関連は当分放置になりました。

今回は選定銘柄で一番値下がりしたDWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)の買い付けをします。値下がりといっても週間で1%ほどなので、さほど安く買えませんが。

ハイイールド債のファンドは米ドル建ての方がドル高でこちらもプラスになっていますが、資源国通貨のリターンには負けています。それでも国内リートの代わりに安全資産として、米ドル建ての方はリターンを求めず、引き続き保有していきます。



posted by 南 歳三 at 12:58| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

今回は見送りに

ついに株価が下げ始めて、バブル崩壊が始まった感じがします。とうとう原油価格まで上昇して、エネルギー関連の投資も儲かってきたので、そろそろバブルも終わるころだと思っていたら、米長期金利上昇で株価が下げ始めました。ちなみにあのブラックマンデーは米長期金利の上昇が原因でした。

為替も米ドルを除いて急激な円高になってきたので、株価もこれから落ちていくでしょう。それで株価が下がり続けるのに買いは無いとして、今回は買い付けは見送りです。まだ残っている保有投信の解約を検討してみましたが、世界シェールガス株ファンドが間に合わずマイナスに転じたので、残りは少額で無理に解約するほどでもないということで、こちらも見送りです。

次回ですが、買い付けは解約した毎月分配型の一週間の下げ幅が一番大きいファンドを優先的に買い付けていきます。エネルギー関連は原油価格が上昇してしまったので、原油価格が下げるまで待ちです。GS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースなんか6%も上昇してしまって、無理して買い増す気はない状態です。


posted by 南 歳三 at 17:33| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

今回も解約だけ

引き続き世界的に株価がバブルでした。GS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースがプラスになり、さすがに買われ過ぎだということで、また解約だけして保有残高を減らして、その後の下げに備えることにします。

今回解約するのはJPM新興国高配当・成長株ファンド(毎月決算型)、DWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)、ハリス世界株ファンド(毎月決算型)です。

JPM新興国高配当・成長株ファンド(毎月決算型)はただいま29%のリターンとかなり儲けさせてもらいました。次のバブルに備えてまた新興国を買わせてもらいます。

DWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)は12%と好調で、豪ドルがかなり上げたので、通貨選択型への投資が間違いでないことが証明されております。

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)は23%のリターンで、米国集中じゃなくても稼げると証明できるほどのリターンです。

これらは優秀し過ぎての解約になったので、下げたらまた買います。

長期投資はバブル期待で新興国集中がベストと思っていますが、次のバブルまでかなり時間がかかるから、その間他銘柄に分散投資をしてリバランスで運用成績を高める方が最も効果的なので、引き続き分散投資で買い付けを行っていきます。



posted by 南 歳三 at 10:59| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

今回は解約だけにします

株価のバブルが為替にも飛び火して、これはもう流石にやばいかなと思い、今回は買い付けはせずに解約だけします。解約する銘柄ですが、GS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースとフィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンドです。

GS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースは,かつては一押しだったのですが、アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型の方が良いということで、乗り換えるつもりで一旦全額解約します。

フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンドは、リターンがもう12%を超えるほど買われていまして、国内リートがここまで買われるということは、確実に東京市場がバブルなことを物語っていて、もうリートも安全資産じゃなくなっています。十分儲かったし、せっかくの儲けを溶かすのはもったいないと利確することにしました。

他にも儲かり過ぎと思えるのがあるけど、少額だからバブルがまだ続くのであれば、これらも一旦解約しようかと思います。
posted by 南 歳三 at 21:48| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コース

そろそろ下げに転じるかと思いきや、株価がまだ上がり続けています。新興国が爆上げでインドとベトナムを解約したのが失敗だと思えるほど上げてくれました。大きく下げていた分を戻した分もあるから、そうひどくはないのですが。毎月分配型は解約しなくてよかったです。いつもなら解約するほどの状態なんですけど、金額が金額だけに放置してみました。

今回はGS MLPインフラ関連証券ファンド 毎月決算コースの買い付けをします。安くなったところを買い増ししようと楽しみにしていたのに、だいぶ戻しちゃって先週から買えば良かったと後悔。

バブルがいつはじけるか予想できないので、タイミングよく解約できませんが、バブルが必ずはじけるから、新興国を減らしたのはいつかは正解になります。為替もさすがに円安に行き過ぎたので、来週からは下げに転じるのじゃないかと思います。株式市場は愚か者が愚かなことをする世界だから、まだまだ上げるかもしれませんけど。

posted by 南 歳三 at 10:33| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする